木と漆喰の家 新築アパート工事進捗状況!!

木と漆喰の家 仙台 ReCREAR

こんにちは☆クレア工業㈱住宅事業部エリです

今日も新築アパートの工事進捗状況をお伝えしていきますね

 

前回の5㎝ほどのコンクリートを打った部分を囲うように型枠を組んでいきます

外側の型枠が終わると配筋を組んでいきます

配筋検査が完了しました。

鉄筋は基礎のコンクリートの強度を上げるために組むのですが、

この鉄筋の使う数、すごいですよね

鉄筋の間にはガスや水道の配管がセットされています

こうしておくと立ち上がりのコンクリートを打った後に改めて穴をあける必要はないのです

上の写真は、床スラブのコンクリートを打っているところです。

コンクリートにバイブレーターで適度な振動を与えることにより、

鉄筋・型枠の隅々までコンクリートを充填させることができ、耐久性に優れたコンクリートができます

床スラブを打った日の午後は雨の予報だったので、ブルーシートで養生しています

数日日にちを置いてから、建物内部の型枠が組まれていきます

その様子は次回載せますので、お楽しみに